設備資金の借入について

設備資金の借入について

個人企業、法人を設立しての会社経営を円滑に進めるためには、「資金の借入」が必要不可欠といえます。
 
資金の借入には、主に「運転資金(従業員の人件費や家賃など)」をはじめ、
「設備資金」「特定設備資金」があります。
中でも、工場や中小企業で必要となる設備を揃えるためには、高額な設備資金の借入が必要になります。
 
効果的な借入を進めるためには、借入に関する知識のほか、的確なアドバイスやサポートをしてくれる
税理士などに依頼をすることで様々な面で有利に働くことがあるでしょう。
大阪の東大阪をはじめ、全国各地にいくつもの税理士事務所があります。
銀行折衝に苦手意識を持つ方は、税理士の力を借りて有利に交渉を進めていくことが有効的といえるでしょう。
 
目次
設備資金の借入について
・設備資金とは
・設備資金の借入とは
・設備資金の借入の特徴
設備資金の借入に関するポイント
・設備資金借入と自己資金の関係性
・現在の業績や今後の見通しをよく把握する
・必要資金はいくらであるか判断する
・金融機関の担当者と綿密に情報交換をする
・設備資金には正確な見積書が必要
 
1.設備資金の借入について
銀行などの金融機関に借入を行う目的の一つに、今回ご紹介している「設備資金の借入」があります。
 
個人企業、ならびに中小企業から、銀行などの金融機関に借入を申し込むためには、
設備資金の借入に関する基本情報や、借入の審査を受けるための事前準備に関して、
よく理解していることが大切
です。
 
1-1.設備資金とは
「設備資金」とは、主に個人企業や法人化した企業が、新規参入のお店を購入するための資金や、
品物を生産するための工場を購入するための資金、そして業務で必要となる自動車の購入資金、
店舗や工場などの改装に必要とされる資金、従業員が業務で使用するパソコンといった機材の購入費用など、
様々な設備を購入するのに必要とされる資金のことをいいます。
 
1-2.設備資金の借入とは
企業が事業を立ち上げる、円滑に運営を進めるためには、金融機関からの借り入れは必要不可欠といえます。
特に、企業の設備を購入するために必要な設備資金は、高額な借入が必要になることから、
借入に伴う目的や返済計画などをよく把握しておくことが何よりも重要といえるでしょう。
 
新規でお店を開く場合や、改装を進めるのに必要な費用、不動産の購入にかかる費用、
そして工場で使用する機械などの購入資金を設備資金といい、金融機関からの借入が必要になります。
 
そのほか、工場や研究施設などで行われる、研究開発に必要とされる費用も同時に設備資金といわれ、
交渉次第では高額な資金を金融機関から借入することができます。
 
1-3.設備資金の借入の特徴
・借入をする期間は長期になる
銀行などの金融機関からの設備資金の借入に関しては、
融資を受ける資金が非常に高額になることが予想されます。
そのため、借入をしてから全額を返済するまでには、長いと10年以上を返済期間に充てることもあります。
 
設備資金は金利が高くなる可能性がある
運転資金などの融資にくらべ、設備資金の借入を受ける場合は、長期で借入をする場合が多いため、
必然的に「金利が高くなる可能性」があります。
金利が高くなるリスクはあるものの、中小企業でも比較的融資を受けやすいというメリットがあります。



 

相続相談 春日市

不動産相続 春日市